FC2ブログ

2013-11-07

伊達政宗の夢-使節派遣へと駆り立てた背景とは?!~☆彡

慶長遺欧使節と南蛮文化がテーマ!

伊達政宗が夢に描いた「慶長遣欧使節」とは?どういう経緯、どういった想いから使節を派遣して、何を得ようとしていたのだろうか・・。

文化財225件から考察して、歴史を紐解きながら、実像について紹介していきます。

=====<展覧会の情報こちら>
■開催地;仙台
■会 場;仙台市博物館
 宮城県仙台市青葉区川内26
■開催日;2013年10月4日(金)~11月17日(日)
■内 容
徳川幕府の初期は、対外政策において比較的寛大な姿勢を維持していた時代であったため、外国との交流に目を向ける大名も少なくはなく、仙台藩主の伊達政宗も例外ではなかった。1613(慶長18)年9 月にメキシコ、スペイン、ローマへ向けて家臣の支倉常長(はざくらつねなが)を遣欧使節として派遣した。世に言う「慶長遣欧使節」である。

=====<仙台市博物館・関連イベント他>
・「支倉常長に託した政宗の夢と徳川家康の思惑」
・日本スペイン交流400周年記念 関口照生写真展「支倉の道」

=====<仙台の芸術情報・他>
このページで紹介されている伊達政宗の夢の詳しい情報はこちら
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/07 08:50)

仙台市青葉区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

文関子

Author:文関子
日本の娯楽芸術を紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR